So-net無料ブログ作成

年末年始のお知らせ

休業期間:12月31日~1月3日まで。
4日からは通常どうりの営業になります。

Single coil pick-up 製作しました

お客様のリクエストによりストラト用 高出力ピックアップ
3タイプを製作しました。

お客様には実際に試奏して頂き、
各タイプ、キャラクターがはっきりしており判り易い、
好みに合わせて選択できるとのことでした。

来店して頂ければ全タイプ試奏可能です。

Dscn2496.jpg
上からType1 Type2 Type3

共通仕様
ポールピース  :アルニコ5 トールD仕様
コイル巻き方向 :CW(時計方向)
着磁      :Sトップ 450ガウス(ポールピースより3mmで計測)
ワックス浸透  :ビーズワックス(蜜ロウ)30%配合ワックスにて真空引きによる浸透
ボビン材    :バルカナイズドファイバー
配線      :米国製クロスワイアー

TYPE1 ”HOT ORANGE ”
コイル:フォームバー 42ゲージ  8800ターン 6.7kΩ

通常の太さのコイルを使用し、テンション緩めのオールドスタイルを
周到しつつもターン数を増やしたモデル

ストラトらしいキャラクターながらもパンチのあるサウンド
ポジションを選ばないオールマイティなタイプ
ブリッジポジションではアンプがクリーン状態ではもちろんカリカリ感はあるが、
オーバードライブ状態では十分なドライブ感が得られる。

TYPE2 ”RED WIND ”
コイル:エナメル   43ゲージ 12000ターン 12.0kΩ

通常より1ランク細いコイルを使用し極限までターン数を増やしたモデル

ワイドレンジで音圧が高く、ピッキングの強弱に対する反応が良い。
ブリッジポジションにおいても音の太さは失われず、また爽快感もあり。
アンプのゲインを上げていくとパワフルなオーバードライブサウンドが得られる。
低域ではザクザクとしたワイルド感もある。
センター or ブリッジポジションでキャラクターが際立つ。

TYPE3 ”Destroyer ”
コイル:エナメル   44ゲージ 14000ターン 16.7kΩ

通常より2ランク細いコイルを使用し、抵抗値は従来を凌駕する16.7kΩのモデル

これはハムバッカーか??と疑いたくなるほど図太いサウンド。
オーバードライブ時にはピックアップ内にディストーションがあるが如くブロー寸前まで歪む。
常に轟音感があり、低音のパワフル感が際立つ。
ノイズは若干上がる。
ブリッジポジションで真価を発揮する。

各ピックアップのインプレッション、及び音響特性については、
下記条件にて出力レベル、及び周波数成分を測定

使用機材
Guitar : Fender JPN ST57 メイプルネック
          出力レベル・周波数成分測定はブリッジポジション
 VOL:10 TONE:10

Amp    : Marshall JTM30(フルチューブ)
          出力レベル・周波数特性測定はクリーンCH
VOL・TONEは全て12時のポジション

周波数成分測定

5弦開放(Fig1)
メイン出力(107.7kHz)はTYPE2/3がコイル巻き数に比例して高い結果となった。
TYPE2は高調波成分が多く、これがザクザクとした感じの要因である。
Fig1
5g00f.jpg

2弦開放(Fig2)
以外にも一番ターン数の多いTYPE3の方がTYPE2より出力が小さい結果となった。
TYPE3の音の太さは中域のパワーによるものだろう。
Fig2
2g00f.jpg

2弦12フレット(Fig3)
TYPE3の高調波成分の多さが際立つ。
強烈な歪みはこの高調波より生み出される。
Fig3
2g12f.jpg

AWG44入荷致しました

AWG44コイルが入荷しましたのでご紹介いたします。
ストラトなどで16KΩ~18KΩ辺りまでは巻けるかと思っております。
実際にピックアップを製作し聞いた結果、シングルコイルの場合は
若干ノイズは上がりますが、ハムバッカーに近い音色になります。
リワインドお待ちしております。
DSC01578.JPG
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。