So-net無料ブログ作成
検索選択

手巻きPU

本日の作業はPU製作
お蔭様でここのところ毎日ピックアップ製作に追われております

手巻きのピックアップでラッカーポッティングを施しており
当社独自の方法で製作しております
ポッティングの作業を撮ってみました
数種類のパラフィンをブレンドし巻き上がったPUを中にぶち込むと
泡がブクブクと出てきます
この状態だと完全には浸透はしないので真空状態にしコイルを
カチカチに仕上げます
前回とはまた違った動画でお楽しみください
※現在ご注文のお客様大変申し訳ございませんが納期3週間程掛かります

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

Bacchus

こんにちは。
いつもブログ見させて頂いています。
一つ質問があるのですが、ダンカンのSH-1(59)等は
ボリュームで出力をコントロール出来る範囲が広いのですが
バーストバッカーPro等は、同じアンプ設定でボリュームを
開けても歪まずレンジが狭かったです。

双方を分解した所、59のワイヤが「サラサラ気味」に緩く
巻いているのに対して、バーストバッカーはキツく巻いている
ように感じました。
この影響で抵抗が増えてコンプレッサーがかかったように
出力が平坦になってしまうのでは?と思ったのですが
見当違いでしょうか?(^^;
by Bacchus (2010-03-05 09:41) 

ギター工房

コメント有難うございます
各メーカーのPUの音質的な違いはありますが基本的な事は抵抗値や部品の材質、巻き方などでしょうか。
どのメーカーはこの様な製作過程で作られているなど見て確認が取れれば答えは出るでしょうね!
テスターがあれば計測してみるのも手ではないでしょうか?
by ギター工房 (2010-03-06 23:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。